点検の必要性について

消防用設備は、水道やガスと違って日常的に使用しないので、設備が古くなって故障していても、点検しておかないと見つけることが出来ません。火事の時に故障していたら、大きな被害を招く結果になるため、点検が必要なのです。